國學院大學
國學院大學デジタルミュージアム

祭祀遺物出土遺跡データベース

例言

1.本データベースは、祭祀遺物出土遺跡の概要を収録したものである。

2.本データベースには、大場磐雄の定義による「祭祀遺跡」・「祭祀遺物」(大場磐雄1970『祭祀遺蹟 神道考古学の基礎的研究』、角川書店)のほか、関連する資料についても適宜掲載した。

3.本データベースに収録した情報は、祭祀考古学会のご協力のもとに、以下の文献を参照しつつ適宜修正・加筆を行った。
・各都道府県・市町村等が発行した遺跡発掘報告書など
・北武蔵古代文化研究会編1993『古墳時代の祭祀』第Ⅰ分冊、東日本埋蔵文化財研究会
・北武蔵古代文化研究会編1993『古墳時代の祭祀』第Ⅱ分冊、東日本埋蔵文化財研究会
・北武蔵古代文化研究会編1993『古墳時代の祭祀』第Ⅲ分冊、東日本埋蔵文化財研究会
・国立歴史民俗博物館編1985『国立歴史民俗博物館研究報告』第7集、第一法規出版
・日本考古学協会編2003~2008『日本考古学年報』54(2001年度版)~59(2006年度版)、吉川弘文館

4.本データベースの編集は、伝統文化リサーチセンター祭祀遺跡に見るモノと心グループを中心に、杉山林継(國學院大學伝統文化リサーチセンター・センター長)・内川隆志(本センター・准教授)・加藤里美(本センター・講師)・深澤太郎(本センター・助教)・中村耕作(本センター・助手)の統括のもと、加藤元康(本センター・ポスドク研究員)・楠惠美子(本学大学院文学研究科博士課程前期)が担当した。

5.祭祀遺物が出土した遺跡は膨大であり、本データベースに収録した情報はその一部に限定されている。現在、継続的にデータの入力・確認作業を進めているが、情報に偏りがある点については利用者の了解を願いたい。各遺跡・遺物の詳細に関しては、個々の報告書、論文等の参照をお願し、当方では本データベースに掲載した遺跡・遺物に関する問い合わせには応じられない。また、本データベースの利用によって生じた不利益については、一切の責任を負わないこととする。