國學院大學
國學院大學デジタルミュージアム

万葉集神事語辞典

凡例





(1)本辞典は、『万葉集』に見える神事に関わる語彙を解説したものである。
(2)見出し語は以下の通りである。
   〔1〕 見出し語に、それ以外の表記がある場合は重要なものを優先して掲げる。
   〔2〕 見出し語は、現代仮名遣いで掲げ、歴史的仮名遣いがある場合は次ぎに掲げる。
(3)文献・歌略号
    『古事記』『日本書紀』のみ、記・紀、または記紀とする。他の『風土記』『万葉集』
  などは、『 』に入れずにそのまま、風土記、万葉集と記す。『万葉集』の歌の番号の
  (2-169)は、巻2の169番歌の意味である。
(4)注釈書の略号
    ・万葉集攷証=攷証              ・万葉集註釈=仙覚註釈
    ・万葉集檜嬬手=檜嬬手          ・万葉集略解=略解
    ・万葉集拾穂抄=拾穂抄     ・万葉集僻案抄=僻案抄
    ・万葉代匠記初稿本=代匠記(初)・万葉代匠記精撰本=代匠記(精)
    ・万葉集童蒙抄=童蒙抄     ・万葉考=万葉考
    ・万葉集古義=古義       ・万葉集童蒙抄=童蒙抄
    ・口訳万葉集=口訳       ・万葉集新考=井上新考
    ・万葉集講義=講義       ・評釈万葉集=佐佐木評釈
    ・万葉集私注=私注       ・万葉集評釈=金子評釈
    ・万葉集総釈=総釈       ・万葉集評釈=窪田評釈
    ・万葉集全釈=全釈       ・万葉集新講=新講
    ・万葉集全註釈=全註釈     ・万葉集注釈=沢瀉注釈
    ・日本古典文学大系本=大系   ・新日本古典文学大系本=新大系
    ・日本古典文学全集本=全集   ・日本古典全書=全書
    ・新日本古典文学全集本=新全集 ・講談社文庫本=講談社
    ・旺文社文庫本=旺文社     ・和歌文学大系本=和歌大系
    ・万葉集全注=全注       ・万葉集釈注=釈注
    ・万葉集全歌講義=全歌講義
(5)引用テキスト
    ・新編日本古典文学全集『万葉集』(小学館)
    ・新編日本古典文学全集『日本書紀』(小学館)
    ・新編日本古典文学全集『古事記』(小学館)
    ・新編日本古典文学全集『風土記』(小学館)
    ・新日本古典文学大系『続日本紀』(岩波書店)
    ・日本古典文学大系『霊異記』(岩波書店)
    ・思想大系『律令』(岩波書店)
    ・国史大系『延喜式』(吉川弘文館)
    ・日本古典文学大系『古事記 祝詞』(岩波書店)
    ・国史大系『令義解』(吉川弘文館)
  引用テキストは原則として上記のテキストを使用したが、執筆者により他のテキストが
  使用されている場合もある。また旧漢字や異体字は、原則として新漢字に統一した。
(6)写真
  ・本解説に用いた写真は、実物・実景の外に、多くのイメージ写真を用いた。実際とは
   異なるが、意を汲んで理解していただきたい。
  ・写真には、中国・韓国のものも多く含まれている。これは比較対照上の参考となるこ
   とを考えたからである。
  ・カルタの写真は、土佐派女流画伯の山口芽能氏の『万葉かるた』(万葉かるた振興会、
   昭和59年11月刊行)によるものである。厚くお礼を申し上げる。