國學院大學
國學院大學デジタルミュージアム

万葉神事語辞典


はじめに    ≫凡例    ≫項目執筆者一覧    ≫収録項目一覧

詳細表示 (Complete Article)

項目名 みわ
表記 三輪
Title
Miwa
テキスト内容 地名。枕詞「うまさけ」に導かれる。「御諸つく」を冠する歌もある(7-1095)。奈良県桜井市三輪のあたり。近鉄とJRの連絡する桜井駅の東北一帯で、初瀬川が盆地に流れ出る北側一帯になる。万葉集では「三輪山」「三輪河」「三輪の檜原」と山・川・原が詠われている。三輪山は標高467mで、西側の奈良盆地から望むと山頂に樹をツンツンさせた円錐形の山がみえるのがそれである。御諸山(みもろのやま)とも呼ばれ、大神神社(おおみわじんじゃ)のご神体として祭られており、記紀に祭祀および三輪山の神に関する伝承が見える。三輪山の神について、記では御諸山に坐す神と呼ばれ大国主神が国作りを行う際の少彦名神の次のパートナーとして登場し、「倭の青垣東山上」に斎(いつ)きまつられる。この神は後に「美和の大物主神」の名称で三嶋(大阪府三島郡)の湟咋(みぞくい)の娘のもとに通い、やがて神武天皇の后となる伊須気余理比売を生ませている(神武記)。したがって記は二代天皇が大物主神の孫であると主張するのだが紀はそれを事代主神としており記紀間に皇統の母系に関して違いを見せる。さらに崇神天皇の時代には諸国に疫病を流行らせ、天皇の夢に「大物主大神」としてあわられ、自身が陶津耳命の娘である活玉依毘売に生ませた子の四世孫(大物主大神の五世孫となる)の意富多々泥古に「御諸山に意冨美和之大神を拝祭」させている。なお崇神記に見える大物主神と活玉依比売との婚姻譚は三輪の地名起源譚となっている。意冨多々泥古による大物主神祭祀の物語は崇神紀にも見えるが(7年~8年条)、三輪山の神と明確には記述していない。しかしその祭りにあたっては天皇臨席のもと、神酒が造られ、宴が催される。そこでは大物主神の醸造した酒であると称える歌が謡われ、宴果ててのちは諸大夫と天皇によって歌が唱和される。いずれの詞章にも「味酒(うまさけ) 三輪の殿の 朝門にも…」と謡われるので、三輪山の神とみて問題はない。また雄略紀には三輪山の神の姿を見たいと天皇が言ったために、小子部スガルが連れてくる話がある(雄略記7年7月条)。そこでは蛇神として描かれている。これらの伝承は三輪山が大和王権と神(農耕に関係する神)を通じて深く関わった山であることを示すが、万葉集の1-17~19で近江に下る旅人が三輪山を見たいと詠うのも、そういう伝承を踏まえてのことであろう。また万葉集には「三輪の祝(はふり)」という語が2首にみえるが(4-712、7-1403)、ともに「いはふ杉」と続くし、「三輪の檜原」という語も1首に見える(7-1118)。三輪山を見ると泊瀬の檜原が思われると詠う歌もあり(7-1095)、植生として三輪山周辺は針葉樹の多く生えた土地であったらしい。また三輪の地には「御諸の神の帯ばせる泊瀬川」と歌われ題詞に「三輪河」と記される川もあり(9-1770)、これは記では雄略天皇が若き乙女、引田部赤猪子と出会う場所(「美和河」)である(雄略記)。和田萃「三輪山祭祀の再検討」『日本古代の儀礼お祭祀・信仰 下』(塙書房)。
執筆者 志水義夫
クリックすると画像を拡大表示します

大神神社