國學院大學
國學院大學デジタルミュージアム

万葉神事語辞典


はじめに    ≫凡例    ≫項目執筆者一覧    ≫収録項目一覧

詳細表示 (Complete Article)

項目名 みかのはら
表記 三香の原
Title
Mikanohara
テキスト内容 京都府相楽郡瓶原。聖武天皇740(天平12)年から4年間、恭仁京が置かれた。「久邇の新しき京を讃めたる歌」に「三日の原布当の野辺を清みこそ大宮所定めけらしも」(6-1051)と見え、また同じく「わご大君 神の命の 高知らす 布当の宮は 百樹なす 山は木高し」(6-1053)とも詠まれている。山川清浄の地は、神なる天皇が都を置く処だとされた。天平12年は九州で藤原広嗣が反乱を起こし、天皇は急遽東国巡行へと出発し、平城京へは戻らず恭仁京へと遷都した。その恭仁京も荒廃し「三香の原 久邇の都は 山高く 川の瀬清し 住みよしと 人は言へども 在りよしと われは思へど 古りにし 里にしあれば 国みれど 人も通はず 里みれば 家も荒れたり」(6-1059)という嘆きの歌が残されている。
執筆者 辰巳正明