國學院大學
國學院大學デジタルミュージアム

万葉神事語辞典


はじめに    ≫凡例    ≫項目執筆者一覧    ≫収録項目一覧

詳細表示 (Complete Article)

項目名 ただか
表記 正香
Title
Tadaka
テキスト内容 その人自身。「直香」の用字も用いる。万葉集に6例あり、全て「妹が」「君が」から接続する。明確な意味は取り難いが、「正」「直」は現前するもの、「か」は「住処(すみか)」の「か(処)」と同じといわれる。すべて恋する相手を対象とする歌にみられ、不在の相手を現前のものとする表現である。笠朝臣金村の歌(9-1787)では、「うつせみの世の人なれば」と詠い出し、「寝も寝ずにわれはそ恋ふる妹が直香に」と直接対象に逢いたい感情を詠み込んでいることから、正に眼前に恋しい相手を求め、その現実の存在を指す語として正香が用いられていると考えられる。他例も相聞的な歌に用いられるが、命を受けた旅路にある相手を想う歌(13-3333、17-4008)において用いられている点や、人から想い人の死を告げられる形式の類型と考えられる歌(13-3304、13-3333)に用いられている点には注目される。17-4008は「手向の神」に祈り、対象の正香を「相見しめ」と願う歌であり、13-3333は、「卜置きて斎ひ渡る」にも関わらず、対象の正香が黄葉のように散ってしまったことを伝えられる歌である。このように正香は、離れた対象の無事を祈る際に切に願う相手そのものであり、対象が死んだ際に失われる相手そのものでもあると考えられる。
執筆者 坂根誠