國學院大學
國學院大學デジタルミュージアム

万葉神事語辞典


はじめに    ≫凡例    ≫項目執筆者一覧    ≫収録項目一覧

詳細表示 (Complete Article)

項目名 たごのうら
表記 田子の浦
Title
Tagonoura
テキスト内容 富士川西岸の、静岡県庵原郡の蒲原・由比・倉沢の海浜を指す。万葉集には田口益人が上野国の国司として赴任する際の歌に「清見の崎」(3-294)とともに「昼見れど飽かぬ田子の浦大君の命恐み夜見つるかも」(3-297)と詠まれる。「見れど飽かぬ」の語は、対象の景物を讃美する常套表現であり、「滝のみやこは見れど飽かぬかも」(1-36)などと表現されている。ここでは、昼間だったらいくら見ても見飽きない田子の浦を夜見ることになってしまった思いが大君の恐れとともに表わされているが、この恐れは都から上って薩埵峠を越え、田子の浦という地を眼前にした際の土地神に対する恐れでもあった。山部赤人の「富士の山を望む歌」の反歌に「田子の浦ゆうち出でて見ればま白にそ富士の高嶺に雪は降りける」(3-318)と詠むこの1首も同じく薩埵峠を越えた際の景をそのまま詠んだものとも考えられるが、こうした歌はこの土地を領有する神への手向けの歌でもあった。
執筆者 城﨑陽子