國學院大學
國學院大學デジタルミュージアム

万葉神事語辞典


はじめに    ≫凡例    ≫項目執筆者一覧    ≫収録項目一覧

詳細表示 (Complete Article)

項目名 おおなむちすくなひこな
項目名(旧かな) おほなむちすくなひこな
表記 大汝少彦名
Title
Onamuchisukunahikona
テキスト内容  神名。通常オホナムチの神、スクナヒコナの神と並び称される二柱の神。オホアナモチ、スクナヒコ、スクナヒコネとも。日本古代の多くの文献―記紀、万葉集、出雲国風土記、播磨国風土記、風土記逸文(尾張国、伊豆国、伊予国)『古語拾遺』、『先代旧事本紀』、『文徳実録』等に、その事跡をともなって記載されている。これら種々の文献に伝える神格は多様であり、また神名の表記も一定していない。記では、オホナムチは皮を剥れた兎を医療の知識で救い、因幡のヤカミヒメを妻として得ることを予言されるが、これを嫉妬した八十神に殺害される。母神によって蘇生した後、紀伊国を経て根の堅州国へ赴き、その国の主宰神スサノヲの試練に耐えて妻と神宝を獲得し、スサノヲによって「大国主神」となることを約束される。大国主神となったこの神が出雲の海辺にいる時、海の彼方からやって来る小人神がスクナヒコナである。二神はともに国を作ったが、その後スクナヒコナは常世国に渡った。紀では、スクナヒコナは記と同様に海からやって来た小人神で、二神は力を合わせて天下を経営し、人間と家畜の医療を司り、害虫害獣をはらった。後に記と同様に小人神のみ常世へと退去したという。また記紀には酒造りの神としてスクナミカミが語られるが、これはスクナヒコナと同神とされている。出雲国風土記には「天の下造らしし大神大穴持命」と記され、そこではオホナムチが国土を造った神とされていたことがわかる。風土記の記事には、二神そろって国内を巡行するものが多く、稲種を落とす(出雲国飯石郡、播磨国揖保郡)、温泉を開く(逸文伊豆国、逸文伊予国)などに特徴がある。万葉集では、4首の歌に取り上げられている。この二神の座した岩窟(「大汝少彦名のいましけむしつの岩屋」)は何世代も経たもの(3-355)、二神は山を作り(7-1247)、山を名付け(6-963)、始原の神代から存在している(18-4106)と歌われて、悠かな過去、始まりの時に存在していた神とされる。そこには、「国」に関わる神というよりは、より素朴な形で「土地」に関わって人々に語り継がれていた二神の姿が読み取れよう。『文徳実録』では、この二神が鹿島大洗の磯に石の形で出現したとあり、石神としても伝えられたことがわかる。この石神としての伝承は、延喜式の「大穴持神像石神社」「宿那彦神像石神社」の社名にもその形跡がうかがわれ、また万葉集(3-355)の「岩屋」にも関連があるかもしれない。松村武雄『日本神話の研究(3)』(培風館)。松前健『日本神話の形成』(塙書房)。菅野雅雄『古事記構想の研究』(桜楓社)。三浦佑之「大国主神話の構造と語り」『古事記研究大系(8)』(高科書店)。

執筆者 寺田恵子