國學院大學
國學院大學デジタルミュージアム

万葉神事語辞典


はじめに    ≫凡例    ≫項目執筆者一覧    ≫収録項目一覧

詳細表示 (Complete Article)

項目名 うなさか
表記 海坂
Title
Unasaka
テキスト内容 海の境界の意で、現実の世界と常世との境界を指す。「水江の浦島子を詠む一首」に「水江の 浦島子が 鰹釣り 鯛釣り誇り 七日まで 家にも来ずて 海界を 過ぎて漕ぎ行くに 海神の 神の娘子に たまさかに い漕ぎ向かひ 相とぶらひ 言成りしかば かき結び 常世に至り 海神の 神の宮の 内の重の 妙なる殿に 携はり 二人入り居て 老いもせず 死にもせずして 永き世に ありけるものを」(9-1740)と歌う。「水江の浦島子」という漁師が7日間家を離れて、海坂を過ぎて舟を漕いで行くと、海神の神女に偶然出会い、意気投合して契りを結び、常世の国に至り、海神の宮殿で二人仲良く不老不死で永遠に生きていられたのに、という意である。この歌では、海坂は人間界と常世の国(海神の宮殿)の間にある境界を示している。その常世の国は、不老不死の国として描かれている。ここでの海とは、海神の支配する領域を指す。その海のかなたに常世の国があると考えられており、厳密に言えば海と常世とは同一の領域を指すわけではない。この世界観を考える上で、記の「海坂」の用例は重要である。すなわち、火遠理命(山佐知毘古)が無くした釣り針を探しに海神の宮に行き、そこで海神の女、豊玉毘売と出会い結婚する。釣り針を得た火遠理命は「上つ国」(葦原中国)に還るが、子を宿した豊玉毘売が出産のために夫のいる国へ行く。出産に当たってその姿を見るなと妻は言ったが、夫は姿を窺い見てしまう。妻(豊玉毘売)は、「私は、普段は海の道を通って行き来しようと思っていたが、あなたが私の姿を覗き見たことはたいへん恥ずかしい」と言って、海坂を塞いで自分の国に還っていった、という話である。海の道が葦原中国と海神国を繋いでおり、その境界が「海坂」である。異界を成り立たせる神話的機能を「海坂」がもっていることが重要であろう。
執筆者 青木周平