國學院大學
國學院大學デジタルミュージアム

柴田常恵瓦拓本資料

    柴田常恵氏(1877~1954)は、明治後半から昭和前期にかけて活躍した考古学・文化財保護行政の専門家です。氏の残した調査関係資料が歿後、大場磐雄博士・樋口清之博士を介して國學院大學所蔵となりました。
 瓦拓本の蒐集は、北は岩手県から南は沖縄県まで、海外は中国・朝鮮に及び、氏の蒐集した資料の中でも質・量ともに優れ、学術的な価値が高いことからここに公開いたします。

検索結果一覧(Search Results) 【表示切替】

  • 第1階層:
  • 奈良県

1

(17)
26-1
奈良県
石上神宮
軒丸瓦3

2

(17)
26-1
奈良県
石上神宮
軒丸瓦2

3

(17)
26-1
奈良県
石上神宮
軒丸瓦1(側面)軒平瓦1

4

(17)
26-2
奈良県

5

(17)
26-3
奈良県
唐招提寺
軒丸瓦1(側面)軒平瓦1

6

(17)
26-4
奈良県
明王院
軒平瓦1

7

(17)
26-5
奈良県
1
軒平瓦1

8

(17)
26-5
奈良県
2 六月十日 西五堰堤内 地下七尺
軒平瓦1

9

(17)
26-5
奈良県
3 十二月下旬 東村道堀方工事中地下四尺余北■(端?)
軒平瓦1(瓦当・表裏面拓・断面模式図)

10

(17)
26-5
奈良県
4 六月一日 西第二堰堤 地下四尺
軒平瓦1(断面模式図)

11

(17)
26-5
奈良県
5
軒平瓦1(平面・断面模式図)

12

(17)
26-5
奈良県
6
軒平瓦1(断面模式図)

13

(17)
26-5
奈良県
7 十二月下旬 東村堀方工事中地下四尺余
軒平瓦1(平面・断面模式図)

14

(17)
26-5
奈良県
8
軒平瓦1(断面模式図)

15

(17)
26-5
奈良県
9
軒平瓦1(瓦当・表裏面拓)

16

(17)
26-5
奈良県
10 平城
軒平瓦1(瓦当・表面拓)

17

(17)
26-5
奈良県
11
軒平瓦1(断面模式図)

18

(17)
26-5
奈良県
12
軒平瓦2

19

(17)
26-5
奈良県
13
軒平瓦1(断面模式図)

20

(17)
26-5
奈良県
14
軒平瓦2