國學院大學
國學院大學デジタルミュージアム

柴田常恵瓦拓本資料

    柴田常恵氏(1877~1954)は、明治後半から昭和前期にかけて活躍した考古学・文化財保護行政の専門家です。氏の残した調査関係資料が歿後、大場磐雄博士・樋口清之博士を介して國學院大學所蔵となりました。
 瓦拓本の蒐集は、北は岩手県から南は沖縄県まで、海外は中国・朝鮮に及び、氏の蒐集した資料の中でも質・量ともに優れ、学術的な価値が高いことからここに公開いたします。

詳細表示 (Complete Article)

題目 瓦拓本 台紙十五枚 故、高橋健自氏遺品(準宝) ■〔瓦偏に専〕佛、瓦経、古瓦、唐式鏡、
都道府県名 京都府・奈良県
封筒番号 43-17
注記 6 山城法勝寺(藤原時代)   大和法隆寺(飛鳥時代) 帝室博物館御所蔵   ★藤原時代 山城 法勝寺   帝室博物館御所蔵 飛鳥時代 大和 法隆寺
種別
記録形式 拓本台紙貼付
寸法 384.2*268.7